ドッグフードでダイエットさせたい!

肥満になってしまったワンちゃんには、ダイエットサポート用のドッグフードがおすすめです。
既に動物病院でダイエット食を勧められている場合は、医師にしたがって所定のドッグフードを食べさせたほうが良いですが、
診断はされておらず飼い主さん自身が「最近ちょっと太ってきたかな」と思ったときは、
カロリー計算などもしたうえでダイエットフードを与えてみるのが良いでしょう。

そもそも犬がなぜ肥満体になるのかというと、食べ過ぎ、運動不足、加齢による代謝力の低下、
あるいは去勢や不妊手術でホルモンバランスが崩れることによって身体が脂肪を貯め込みやすくなるからと言われています。
どちらにしても肥満のままでいるということは生活習慣病のリスクも大きくなり、放置するのは危険です。

特に、加齢によって代謝力が落ちてしまったワンちゃんは特に太りやすくなっていますから、
若い頃と同じドッグフードではどんどん太り続けてしまう可能性もあります。
なので、日常的にダイエットドッグフードなどを用いてしっかりとカロリーをコントロールしてあげると良いでしょう。

ダイエットサポート用ドッグフードの特徴は、
低カロリー・低脂肪でワンちゃんの身体に余計な脂肪をつけさせない工夫がされています。
また、抗酸化成分を配合して免疫力と代謝力を上げるものや、
消化吸収性にすぐれた材料を使っているドッグフードもあります。

基本的にダイエット用ドッグフードはすべてカロリーが通常のものより低く抑えられています。
飼い主さんが簡単にカロリーコントロール出来るようになっています。
しかし低カロリーということはワンちゃんにとって味気ない食事と感じられる場合もあり、
最初のうちはなかなか食べようとしてくれないかもしれません。
その時は通常のドッグフードに混ぜて食べさせてあげたり、
散歩やドッグランなどで運動してお腹が減ったタイミングで食べさせてあげるなど、
人間のダイエットと同じように工夫してあげると効果的です。