外国製のドッグフードは安全か

愛犬のためにドッグフードを選ぶ時、材料や成分表記とともに気になるのが「原産国」ではないでしょうか。
実際、原材料は海外のものを使用していても日本で加工すれば、
「国産」の表示ができるということもあり、無視できない問題です。

そもそも外国製のドッグフードは本当に安全なのでしょうか?
今回はドッグフードを生産している有名な国を取り上げて考えてみたいと思います。

まず、ペットフード先進国であるアメリカについては、
現在日本で知名度が高いドッグフードのほとんどがアメリカ製のものであり、
獣医も積極的にペットフードを研究しているので日々栄養素や美味しさへの追求がなされています。
また、ペットフードへの法的整備も積極的に行われており、
アメリカで定められた栄養素などの基準は世界中で手本とされています。
アメリカはペットフード分野において日本を大きくリードしてきましたが、現在もその地位は高く保たれています。

次に、ペットフードに関してアメリカと対を成すヨーロッパ諸国に目を向けてみたいと思います。
なかでもフランス、ドイツについては犬や猫を家族の一員と同じように大切にする文化があり、
ペットフードも栄養価や病気サポートタイプなど、ペットの年齢や体調を考慮して作られているものが多いようです。
ペットショップにもフランス産、ドイツ産のドッグフードが置いてある場合があり、日本でも簡単に手に入ります。

なお、アメリカとヨーロッパ以外には同じくペットを大切にする文化が浸透しているオーストラリア産のペットフードも、
栄養素や添加物を考慮して作られているペットフードが多いようです。特にオーストラリアはアメリカの影響を受けており、
原材料をオーガニックに限定し、基準を満たしたペットフードをオーガニック食品と認定する政府の機関もあります。
総じてペットフードへの意識が高いといえるでしょう。

ただし、外国産のドッグフードは長距離を移動して輸入されるため、
保存料の問題などは以前懸念されています。
愛犬のためだからこそ、そうした問題もきちんと踏まえておきたいものです。