ドッグフード1食分の適量について

野生のオオカミや犬は、身体にエネルギーを保存しておこうという本能が備わっているためたくさん一度に食べる習性があります。
自宅で飼われている犬にとっても、そうした本能のもとに行動する側面が残っていて、一度にたくさん食べる習慣があるワンちゃんも少なくないと思います。

ですが、こうしたワンちゃんは病気や太りすぎなど危険があり、実際に肥満犬などが問題となっています。
そこでまず、飼い主さん自身がドッグフードの適量を知っておけば、肥満や生活習慣病を防ぐことが可能になります。

一日の摂取カロリーの計算はワンちゃんの年齢、状態によってそれぞれ違います。
まず、子犬の場合は3.6×(30×体重+70)で算出します。結構なカロリーになると思いますが、成長期の犬は本当によく食べますし、その分大きくなります。
食事量については必要カロリー÷ドライタイプのドッグフード100gあたりのカロリー×100で、必要量(g)が出ます。

次に、去勢・避妊していない健康な成犬は1.8×(30×体重+70)で算出します。
去勢済・避妊済の成犬は1.6×(30×体重+70)で、高齢の犬については1.4×(30×体重+70)で算出します。
いずれも食事量は子犬と同じ計算式で出るので、カロリーを算出したら必要量も計算してみましょう。

もしもワンちゃんに必要量を上回る量をあげていたら、少しずつ少なくしてあげましょう。
犬は一度にたくさん食べることができる動物なので、与えた分だけ食べてしまいます。

また、五大栄養素をしっかり摂っていなければ代謝などに影響がでてきます。
脂肪分の多い食事などはその典型で、ドッグフード以外におやつもたくさん与えている場合などは注意しなければいけません。
可愛いからといって食べさせすぎると肥満にも繋がっていきますし、
病院にかかったり散歩の時間や運動量を増やす必要も出てくるので、あらかじめ食事から見直すようにしたいものです。