ウェットタイプのドッグフードの特徴

ウェットタイプのドッグフードは水分量が約70~75%含まれています。
缶詰に入っているタイプが多く、中身は肉や魚をペースト状にしたもので、食べやすくて美味しいと人気があります。

ウェットタイプのメリットとしては、なんといってもドライフードより確実に「美味しい」と感じられるところでしょう。肉や魚などの素材と味付けがしっかり口の中に広がるので、食のほそいワンちゃんでも簡単に食べきることができます。ウェットタイプ自体は柔らかくて消化がよく、犬の歯やアゴに過度な刺激を与えません。また、密封されているので保存性にも優れており、美味しさが損なわれずに保存が利きます。(もちろん開封したら酸化が始まりますので、出来るだけすぐに食べきってしまいましょう)

それと反対にデメリットもあります。ウェットタイプは嗜好性が高い食品なので、ドライタイプを食べなくなってしまうかもしれません。また、犬にとってはつい食べ過ぎてしまう食事でもあるため栄養のバランスが崩れやすくなります。ドライフードと違って柔らかいので、アゴの力が段々弱くなり歯石がたまりやすくなります。ドライフードやおやつなどに比べて価格が割高なので、ウェットタイプしか食べなくなった場合お金がかかってしまう欠点もあります。

人間もレトルトや缶詰が好きなように、ワンちゃんにとってもウェットタイプのドッグフードは美味しいと感じられるものです。そのため、ウェットタイプしか口にしなくなる犬も多いのだそうです。そうなると困るのは人間ももちろんですが、食べ過ぎたり栄養価のコントロールがうまくいかず、犬自身の健康にとってもあまり好ましいものではありません。クセになりすぎないよう、基本的にはドライフードを与え、ときどき(もしくは2日に1度など定期的に)ウェットタイプのものを与えると、犬も「今日はウェットタイプがもらえる」と喜び、食事の時間が以前にも増して楽しみになるのではないかと思います。