ドッグフードを手作りしてみよう

ワンちゃんが食べるドッグフードは、添加物が多かったり美味しくないなど、
意外にワンちゃんにとっては好ましくない食事である場合があります。
安全性を確かめるのも大変ですし、手軽に買えるのは良いけれど美味しいかどうか、
飼い主さんの味覚によって確かめることができません。

そんなときは、飼い主さん自らが「手作り」するのがおすすめです。
手作りのメリットは、なんといっても食材を人間用の安全なものに限ってあげられて、
しかも飼い主さんが味や栄養価を自由に調整できる点にあります。

人間とワンちゃんで同じものを食べるというのも、コミュニケーションがとれて家族仲が深まること間違いなし。
また、ワンちゃんの体調に合わせて食事を作ってあげられるので、
季節の変わり目やちょっと元気がないときなども固いドッグフードではなく、
ワンちゃんがすぐ口にできる食事を提供してあげられます。

手作りの大原則として、ワンちゃんに絶対に与えてはならない食べ物があります。
ネギやにんにくなどのタマネギ類、イカやタコ、香辛料、エビ、カニ、人間と同じ量の甘味や塩分などです。
腎臓で上手く消化できなかったり、濃すぎる濃度の食事で逆に病気になってしまう場合もありますので、注意しなければなりません。

栄養素については、たんぱく質を人間の倍以上摂取させてあげると良いでしょう。
イヌといえば元はオオカミですから、当然肉のほうが食べ物としては好ましいのですが、
室内犬の場合肉を摂りすぎると確実に太ります。
病気も怖いですから、家で飼っているワンちゃんについては魚を使ったお料理にしてあげるとよいでしょう。

野菜についても、ワンちゃんの健康を考えるならば与えてあげましょう。
ビタミン・ミネラルなどは重要な栄養素です。
これらについては少なくとも人間の倍は必要と言われていますので、
どれくらいのビタミンが摂れるか意識して食事を作ってあげましょう。

ワンちゃんの健康は飼い主さんの心がけ一つでいくらでも変化します。
愛犬の健康管理に、ぜひ一度手作りの食事を作ってみてはいかがでしょうか。