? 犬の健康を考えたら、食事はドッグフードがよい

犬の健康を考えたら、食事はドッグフードがよい

父が退職したこともあり、退職のプレゼントとして柴犬をプレゼントしました。
父は幼少の頃には犬を飼っていたこともあり、仕事を辞めたら犬を飼うこニを願っていました。
父の希望を叶えることができ、よい親孝行ができました。
実際、父は目の中にいれても痛くないのではないかというくらい犬を可愛がってくれました。
毎日、雨の日でも雪の日でも散歩に行き、家でも常に一緒にいるようです。
毎日、散歩に行くことで、メタボ体形だった父が痩せてきて、健康体になってきたので老後も安心と喜んでいました。
しかし、その逆に柴犬の方はメタボ体形になってきました。
「そんなに毎日散歩に行っているのにどうしたことか」と不思議に思っていました。
そこで父に話を聞いたところ、問題は食事にありました。
父は幼少の頃に犬を飼っていた感覚で、犬の食事として味噌汁かけご飯を与えていたのです。
一応、味噌汁は薄めていたようですが、それを朝、晩と食べさせていたのです。
その上、自分が食事をとるときや晩酌をするときには、一緒にいる犬にも「一口だけね」などと言って犬に同じものを食べさせていたのです。
これでは犬が太っても当たり前です。
早速、犬の食事をドッグフードに変更してもらいました。
朝、晩の食事はドライタイプのドッグフードを少し少なめの量で与えてもらうようにしました。
父が食事をするときには、今さら与えないようにするのは困難なので、缶詰のドッグフードを小分けにして与えるようにしました。
すると見る見るうちに肥満が解消されていきました。
もともと毎日きちんと散歩に行っているので運動量はあったのです。
そこに食事をドッグフードに変えたことで体重を無理なく落とすことができたのです。
また、毛並みの艶も以前よりよくなったように思います。
近所の人にも褒められるようになり、父も鼻高々のようです。
それ以来、犬にはドッグフード以外の食事は与えなくなりました。
父はもちろんのこと犬も一緒に長生きしてもらいたいと思います。