? 犬にドッグフードをあげる場合には

犬にドッグフードをあげる場合には

犬は種類が豊富です。
それはライバルの様な立ち位置の「猫」も似たようなものですが、犬の場合は色々と事情が変わってくる点が多くあ閧ワす。
一番分かり易いもので言えば「猫は屋内で飼う」「犬は屋外で飼う」という事の違いでしょうか。
基本的に猫は外で飼う人はあまり多くありません。
単純に基本は外で自由にさせているという家庭もありますが、保健所などに間違えて連れ去れる危険性を考慮して、屋内で飼うのが基本になっていると思われます。
そして犬は屋外で犬小屋を作り、そしてロープのついた首輪を備えさせて外に逃げない様にさせておく、それが狂犬病などの危険性も防ぐ為に行われる犬の飼い方であると思われます。
そして事実、私はそういう風に飼っていました。
犬の種類によっては屋内で飼う人も居ます。
小さな愛玩動物的な小型犬ですと外に飼っていると逆に他の野良犬や野良猫などに晒されて問題となる場合だってあるからです。
そしてエサのあげ方です。
キャットフードなどは前述に漏れず屋内や庭の手前などに猫がきたならあげるなどの事をするでしょう。
犬もそれは然程変わらず、犬小屋の前の犬にペット用の皿へとドッグフードを注いで食べさせるというのが普通であると思われます。
犬にドッグフードをあげる場合には、柔軟な対応が必要です。
犬というのは、エサが欲しくなったら家の中が見えるベランダ窓などに向かって爪を立てて何度も研ぎ叩いたりします。
そしてエサをあげないでいたらそれはエスカレートするか、あきらめて犬小屋へと戻っていきます。
ちゃんとしつけられている犬ならば問題ないでしょうが、いくら注意しても聞かない犬は何度も窓によけいな傷をつけてしまいます。
そして犬は屋外で飼う事も多い故の、その犬の性格の次第も考えなくてはなりません。
外で飼うという事は、外の野良犬や野良猫がうろつきまわっていると言う事を意味します。
そして自分の飼い犬が目の前にエサを持ってこられたのに、ボーとして他の野良犬や野良猫が食べてしまうのを眺めているだけなどの困った性格の犬などの場合は、エサの時間の都度に玄関などへと入れて、エサをあげるなどの事をしないと野良犬や野良猫が更に沸いてしまうので注意が必要です。