? 種類豊富、選択肢の広がったドッグフード

種類豊富、選択肢の広がったドッグフード

私は昔家で犬を飼っていたのですが、それまで犬を飼ったことがなく、環境の整え方や食事、しつけなどいろいろ手探りで行いました。
特にどうすればいいのか一番心配したのがドッグフードでした。
一度ある程度の量買ってしまえば簡単に変えるわけにもいかず、金額も幅広くてどんなものが無難なのかわかりませんでした。
お店に行ってみると一言にドッグフードと言っても山のように種類があります。
ブランドはもちろん、ドライタイプのものから缶詰めタイプのもの、年齢別や病気予防、更に最近では犬種別といったものまでたくさんの種類のドッグフードがあります。
結局手探りのまま値段も程々なドッグフードを買い、犬に食べさせていました。
特に問題もなく、喜んで食べてくれるのでそのままそのフードに決定し続けて食べさせることにしました。
しばらくして、親が安売りしていたからと今までとは違う種類のドッグフードを買ってきました。
さっそく新しいフードを食べさせてみると、あっという間にお腹を壊しました。
耳を当てなくても終始お腹がギュルギュル言いっぱなしで大好きなご飯を食べてもしょんぼりしたままでした。
これは失敗したと思い、以前まで食べさせていたものを再び購入してすぐに食事を戻しました。
するとあっという間に元通りになり、元気もよくなりお腹の調子も病院に行かずとも自然と改善していきました。
食事一つでここまで変わるものかと思いました。
今は犬は飼っていませんがたまにお店でドッグフードのコーナーを見ると昔から変わらない商品、新商品など様々な物が並んでいます。
ペットショップに行けばその量の豊富さは明らかです。
素人なりにはこんなに種類が必要なのかとやはり思ってしまうくらいです。
しかし犬自身にも好みや体質、そして飼い主側の金銭面的な問題も含め照らし合わせてみれば、そんなたくさんの種類の商品もみな売れているのだなと思います。
お店に行けば好みに合った少し豪華な物も手に入り、病院に行けば患っている病気に合った体に優しい物も手に入り、選択肢の広がることは悪い事ではないと思います。