? ドッグフードを食べさせています

ドッグフードを食べさせています

前後の日本は団塊の世代に代表される人々が生まれたことから、とても若い世代の多い状態でしたので、それほどペットを家で飼うということは、それほど多いものではありませんでした。
しかし、時代が変化していきまして、だんだんと人々の生活が豊かになってきましたし、先述の戦後の団塊の世代の人たちが、今まさに老人の仲間入りをするなかで、ペットブームが起こることになったのです。
私自身のペットとの関係は、子供のころから何度も犬を飼っていました。
私が子供のころに飼っていた犬は、今ではあまり見かけなくなりましたいわゆる雑種というものでして、当時は都会の街の中にたくさん雑種の犬がいましたので、そうした犬たちが子供を産などして、多くの小犬がどこにでもよくいたものでした。
犬というのは基本的には雑食ですし、加えてそうした雑種の犬に対して、当時はドッグフードなどはほとんど与えることはありませんでした。
したがって、基本的に与えるのは人間の食べ物の残り物が中心で、ドッグフードは残り物が少ない時に与える程度でした。
それから時が流れて、私が大人になって家庭を持つようになりまして、再び犬を飼うことになりました。
この場合の犬というのは、私の子供のころとは違って、いわゆる血統書のある小型犬でした。
私としては、雑種でもよかったのですが、今では雑種の方が手に入り難いくらいでした。
さて、血統書のある小型犬ということで、さすがにこれまでのように人間の残り物ばかりだとダメであると、ペットショップの店員さんから言われまして、ドッグフードをたくさん与えるようになりました。
しかし、途中でもったいない気持ちになって、一度残り物中心のエサにしたことがありました。
すると、毛並が何だか悪くなってきまして、ペットショップの人からドッグフードを十分でないということを指摘されたのです。
店員さんによると、犬は雑食ではあるのですが、人間とは食べるべきものが異なるということで、それ以来はドッグフードを食べさせています。