ドッグフードの保存方法

ワンちゃんが食べるドッグフードの鮮度を保つには、最低限以下の事柄を守っておく必要があります。

・袋を閉じておく
・直射日光を避ける
・湿度が低い場所を選ぶ

出来れば真空パックなどを利用したり、冷蔵庫にしまっておくなどの対策を取れば間違いありませんが、
袋を開けっ放しにしておいたり日の当たる場所に長時間放置などしておくと、すぐに酸化が進んでしまいます。

ドッグフードは保存料を使用しているものが大半であり、
それなりに長い時間置いておいても問題がないのですが、それでも酸化すればワンちゃんにとっては美味しいと感じられません。
また、悪くなった食品を口にすれば胃やお腹にも悪いですし、
胃がもたれたりお腹を下すなどといった体調不良にも繋がっていきますから注意が必要です。

また、オーガニックタイプのドッグフードや「生食」に対応しているフリーズドライ製法のドッグフードなどは添加物が少なく、
そのぶん封を切ったら出来るだけ素早く食べてしまわなければいけません。
開封してからすぐに酸化が始まりますから、オーガニックタイプやフリーズドライタイプのドッグフードについては保存するよりも先に食べきってしまった方が良いと思います。

大型のワンちゃんを飼っていたり、あるいは二頭以上の多頭飼いをされているお宅では、
大袋に入ったドライフードを常に常備されているかと思いますが、
長期間保存する場合にも日の当たらない湿度の低い場所でしっかりと封をし、保存しておく必要があります。
特に夏場のように室内が蒸していて温度も高くなる季節は、
クーラーのある部屋や冷蔵庫など涼しい場所に保管するようにしてください。

より確実な方法としては、ジッパーのついた袋に入れて小分けにして保存する、
もしくは真空パックで酸素を入れず密封するなどの方法もあります。
こうするとより長く鮮度を保ったままドッグフードを保管しておけるので、
もしも保管期間が長期にわたる場合はこの方法を試してみてください。