ドッグフードの添加物問題とは

ドッグフードに関して近年問題となっているのは、
保存料や酸化防止剤などの添加物がワンちゃんの身体に有害であるということです。
免疫力が低い体質の犬はアレルギーや皮膚疾患にかかることがありますが、
そうしたワンちゃんを飼っている場合は特にドッグフードに気を付ける必要があります。

人間の食べ物にも含まれている保存料ですが、ドッグフードにももちろん含まれています。
しかし、動物用のフードには人間のような詳細な基準がなく、
表記を義務付けられてはいるものの詳細に記載しなくても問題にはなりません。
原材料に軽く「食物繊維」「ビタミン」と明記してあったとしても、それが天然由来の成分である保証はなく、
薬で栄養素をコントロールしているような場合もあれば、
人間が食べることのできない材料を使用しているケースもあるのだそうです。

添加物は食品を保存するために必要ですが、出来るだけ新鮮なものを食べさせてあげたいのも飼い主の悩みです。
とはいえ、ワンちゃん用ドライフードなどは一回で食べきらず何日にも分けて与えるのが普通です。
長期的に保存しておくためには添加物を加えざるを得ないのが実情です。

無添加とうたっているドッグフードについても、保存料を含んでいる場合があります。
添加物を極限まで抑えたドッグフードを与えたいと思う場合は、
材料だけでなく製法にもこだわって作られたフードを探す必要があります。
特に、作り立ての状態で食品中の水分を凍結させ、
氷のまま蒸発させて乾燥させた「フリーズドライ」製法は、
防腐剤などの不要な添加物を極限まで押さえられる最新の加工・保存方法で、ドッグフードにも応用され注目を集めています。

愛犬の健康を考える時に、保存料や着色料などの添加物の問題は無視することはできません。
フリーズドライタイプやオーガニックのドッグフードを購入したり、
場合によっては飼い主さん自身で手作りするなどして、
ドッグフードに替わる食事を提供してあげる必要もあるかと思います。